上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




海外アニメ掲示板のデュラララ総評スレッドのコメントを翻訳したものです。
8~10点をつけた人は全体の約90%。人気作品でした。





アニメーションクオリティ:9
すばらしかったと思う。たまにちょっとブレるけど、ほんとにたまーに。
描き方も舞台背景も、すごく粋だよね。キャラクターが魅力的なのはもちろんだけど、池袋をも謎めいたスリリングな都市に仕立て上げている。

声優:10
文句無し。全員が全員ハマり役だったと思う。

脚本:9.5
毎回1人のキャラクターがナレーションをつとめ、それによって物語の中の謎がどんどん明らかになっていくのが型破りで面白かったな。

音楽:8
OPは両方ともよかったけど、EDはそこまでじゃなかったかなー。
うん、でも格好よかったよ。

編集:9
ギャグもサスペンス要素もバランスよく入ってた。
ちょこちょこ色んな情報が出てくるから進展が遅いような感覚になるけど、終わってみれば無駄なことは何もなかった。

楽しさ:9
全体的にみてとっても面白かった!
ストーリーもいいし、キャラも最高。
コメディ・シリアス…色んなジャンルを混ぜた作品は得てしてつまらないものになるものだけど、これは全然違ったね。

感動:9
冬から春にかけて、この作品を楽しみにしてきたから…もう見れないなんて悲しすぎる。2期希望!


9点!




神アニメ…これ以外の言葉が浮かばない。
ストーリーも安定してた。たまに「あれ?」ってところがあったけど、他がよかったから全く問題ないよ。

キャラクターは…うん…本当にcolorfulだよねw
でも誰も本心を言っているように見えないからなぁ、好きにはなれない。
(ストーカー女がちょっと可愛いと思ったのはここだけの話)

あ、あと静雄のチートっぷりは好きだな。
静雄の兄弟とガスマスク親父は…空気?1回か2回出ただけで、もう出てこなかった。
EDにいるから、せめて最終話には登場するかと思ってたのに!

音楽と作画に関してはそこそこ。満足してるけどね。


まぁ、9点かな。



セルティと静雄、臨也はいいキャラだった。
来良の学生の中では紀田かな。
帝人と杏理はちょっとなぁ…帝人は早く動いていれば20話までに紀田が黄巾賊のリーダーだってことに気づけただろうに。
帝人と杏理は退屈なキャラクター同士ということでナイスカップルだよ。



バッカーノ!から更に腕をあげたな、スタッフ!
(※バッカーノ!は海外人気が高いですよね)

声優
→言うこと無しの10点満点。

脚本
→9だな、ハッキリしないまま終わったところもあるから。
「セルティの頭について」
「杏理と臨也について。杏理は今後臨也とどう向かい合うの?」
「杏理は紀田・帝人と今後どうなるのか」
これらを描いた2期を作ってくれたら10点!

全員が揃った状態でエンディングを迎えられなかったのは全部帝人のせい。
帝人は、自分が杏理のことを好きだって伝えられなかったし。
沙紀と駆け落ちした紀田とは大違いだよね。
"色"の立場を活かして街の女たちを自分のものにできるっていうのにさ、全く。

楽しさ
…10ではないな、帝人が意気地なしだから。
優柔不断なキャラはエロ杏理で充分。
まぁ、帝人にはまだ秘密があるみたいだけど

他のキャラクターは最高だね。
特に24話の最後の、セルティが超エロい格好になるところ!
首なんかなくったって充分に魅力的だって言ってあげたい!セルティは俺の嫁!


セルティのエロボディがそれ自身意思を持ったら何が起こるか、っていうことはまだ描写されてないよね。

身体は首を見つけるのか?
誰かが首を壊したら身体の方もダメになるのか?
首と身体が両方揃ったら、ヴァルハラに行ってしまうのか?
身体は新羅と結婚して、セックスするのか?

疑問はいっぱいあるよ、だから2期を望んでるんだ。
(ロシア人や静雄、杏理が臨也と戦うところも見たいよ、もちろん)



超面白いアニメだった!

舞台もキャラクターも素敵。シズちゃん(大好き!)とセルティは特に好き。

だけどこれだけは言わせて…2クールはちょっとがっかりしたかな。
OPは前ほどよくなかったし、伏線回収しきれないまま終わっちゃったでしょ?
あーあ、1クール目の方がよかったな。

まぁ、お気に入りの作品だっていうことに変わりはないんだけどね。全部が全部よかったわけじゃないけど、面白かったし。続編こないかなー。

さて、静雄の声優が出てる他のアニメをチェックしなくちゃv




(↑へのレス)
これ見てみたら?
Working!!、AIR、黒執事、涼宮ハルヒの憂鬱、ひぐらし/うみねこの鳴く頃に



(↑へのレス)
ありがとー!
…え、Workingとハルヒに出てるのは気付かなかった。
他のもすぐに見てみるねー。



もー大好き!

全部大好きだけど、特に好きなのが2クールのOP。
曲の入りの所と、曲の途中でエピソードのおさらいをするのがいいね。

ストーリーもエンディングも最高。
ただ、帝人と杏理の関係がハッキリしないうちに終わったのがちょっと納得いかないな。
帝人の周りの人間関係がもっとハッキリしたら、もっといいアニメになったと思うのにな。



やばい!シズちゃんかっこいい!

音声10
キャラクターの声は最高。
特に臨也役の神谷浩史はすごいね。あの声じゃなかったらあそこまでの性悪さと情熱は出せなかったと思う。
紀田役の宮野守とか、いい声優が揃ったよね。
沢城みゆきはまさにクールなセルティそのもので、セルティの期待と不安の表現がうまかった。11,12話は神掛かってたね。
全体的に見ても、みんな声が合ってた。生きてるみたいだったよ。

デュラララは音楽もいいね。OPとEDは全部よかった、1回もとばさなかったよ。
もちろん、「Complication」が最高のOPなのは譲れないけどね。
「Trust Me」も面白かった。
デュラララは、今まで自分が見た中で1番音声に恵まれているアニメだと思う。

脚本8
毎回、ちょうどいいところで終わるんだよね。
だから自分なんかは毎週楽しみにすることになったよ。

ストーリーに全く文句がないかっていうと、そういう訳じゃないんだ。
最後の方では、みんなもそう言ってたよね。

最終回近くのキャラ、特に帝人はIQが下がっちゃったんじゃないかとさえ思ったよ。(「あの」男を信じる前に、自分の手下を使って情報を集めればよかったじゃないか!!)
11、12話で敵を追い詰めた頃の帝人はどこに行っちまったんだ…

結末自体は…正直言って納得いってない。
ここで終わるのはまぁしょうがないとしても、まだ重要な点がいくつも残ってるのに。首とかさ。
2期やらないかなぁ~。


キャラ9
これは当然の結果だね。colorfulなキャラたちが魅力だった。
ハルク静雄(※)、サイモンに魅了されない奴なんているのか?
悪人臨也に関しては何も言うことはないけど、セルティがいかに格好いいかは語らずにはいられないね。
「退屈な」三人組でさえ、それぞれ考え方が違っていて、それですれ違ったりして…意外と面白かった。どのキャラもみんな腹に何かを抱えている。そして、思いやりと嘘のせいですれ違うんだよね。
※「超人ハルク」というアメコミ及びそれを原作にしたドラマからとったと思われます。激怒すると筋肉ムキムキの大男になってしまう人のお話しですw


楽しさ10
楽しすぎて、評価するなんておこがましいことできないよ!
世界に引き込まれたが最後、色んな人とあって、色んな出来事を経験して、みんなを気遣うんだ。最高。
まぁ、2クール目の後半はちょっとダレたけどね。





海外でも大人気のデュラララでした。
「池袋に行きたい!」っていう人が何人もいましたが…自販機が飛ぶのが日常茶飯事な街、ではないですよー…笑


「キャラクターがcolorfulだ!」というコメントも多かったです。
これはもちろん、「個性的な」という意味と、カラーギャングをはじめとした「色」の意味、2つをかけてるんですねー。


帝人君は不人気。やはりなよなよしたキャラはウケが悪いようで…
(エヴァのシンジ君も海外では嫌われてるんですよね)

アニメでは覚醒帝人までやってないですもんね(´・ω・`)




「2期希望!」の声が多いのは日本と変わらない感じです。

原作のストックはそこそこたまってるから、やろうとしたらできますかね…?
とあるキャラが空気になってしまうのだけがネックですがw




関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitra8.blog135.fc2.com/tb.php/9-3042522f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。