上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011y05m01d_090504640.jpg

1年以上前のフリーゲームなので知っている方も多いかと思いますが、GWということで持ってきました。
GWは家でずっと暇しているという方、もし良かったらやってみて下さい。

☆高校受験レベルの英語ができる
☆ツンデレキャラが好き
☆ポニーテールが好き

↑こんな人にお勧めします(*´∀`*)



公式サイトはこちらです。
DLする際はトップ上部のDownloadをクリックするか、このページへ直接とんでください
4つあるリンクのうちどれでもDLできると思います。



作者はDoomfestさんとSerithnalさんです。
Doomfestさんのサイトのプロフィールを見るとアメリカの男性とありますね。
pixivにイラストをあげているので、もしかしたら作品を見たことある方もいるかもしれません。




まずはあらすじとキャラクター紹介から。

舞台は日本のとある街で、転勤族の親を持ち何回も転校を繰り返してきた少年、Hasegawa Seji君が主人公。
(※「長谷川誠二」としましょうか)
誠二君が小さい頃に住んでいた街に戻ってきたところから物語が始まります。




立ち絵がある登場人物は3人で、一人目はメインヒロインのリズ。
本当は「エリザベス」みたいですが普段は愛称呼びですね、見た目通りの「ツン」な子です。

●笑顔の立ち絵は少ないのです
2011y04m30d_121814984.jpg
2011y04m30d_135227609.jpg




二人目はサブヒロインのカズミ(和美?)、生徒会の先輩です。
優しいけどたまにからかってきたり・・・そんなお姉さんタイプ。
普段はツンケンしてるリズですが、この和美にはすごく懐いてます。

●この顔が一番可愛いと思う
2011y04m30d_134059015.jpg




三人目はヒロイン二人を崇拝する男子コウスケ(浩介?)。
トラブルメーカー・・・では済まないぐらいタチの悪いキャラとして描かれています。
プレイしていて「イラッ☆」とすることは必至かと^^;

●ストーカー現場に遭遇、通報する誠二君
「警察ですか?変質者が・・・」
2011y04m30d_131054515.jpg





じっくり読んでも2時間あれば終わるぐらいの軽いボリュームですね。
大きな事件は無く、主人公含むキャラ同士のかけあいがメインだったりします。

セーブスロットは十分に用意されているので、どうぞお好きなシーンでセーブしてください。
既読スキップはtabキーで。もう一度押すとスキップ停止します。

エンディングは全部で6つで、トゥルーが1つにグッドが1つ、少し後味悪いエンドが4つとなっています。
とある事柄があるのですが、誠二が自分でそれに気づけばトゥルーエンド、言われて気づけばグッドエンドとなります。
トゥルーもグッドもクライマックス部分は甘酸っぱくてニヤニヤしちゃいました、素直になれない少年少女はやはりいいですね。
バッド4つのうち2つは和美先輩からビンタをくらうようになってるので、それを希望する方はぜひバッドへ笑

ストーリーを細かく説明するとネタバレになりかねないので、ここではキャラ同士のやりとりをいくつか紹介します。
ゲーム中の画像を使っているので、自分でプレイしたいという人はここで戻って下さいね!





その1 訳あってリズと一緒に帰ることになった誠二君

2011y04m30d_122004781.jpg

リズ「なんでついてくんのよ」
誠二「俺の降りる駅もここなんだよ」

リズ「どこまでついてくんのよ!?」
誠二「俺んちもこっちなんだよ!」


(実はお隣さんだった、というオチ。これはもう古典の領域かも)




その2 和美先輩がつまずいて転び、偶然誠二の上に倒れる

2011y04m30d_130854406.jpg

和美「大丈夫?」
誠二「は、はいっ、大丈夫です!」
誠二(しかしこの体勢は・・・)
和美「どうかしたの?」
誠二「なんでもない、なんでもないです!何も見てません!!!」
誠二(しまった、つい喋ってしまった!)
誠二「いや!今のはそういうことじゃなくて!」
和美「どこ見てるのかな~、ふふふふふ」


ちなみにこのシーンを見た時点でバッド確定だったりします。




その3 浩介(ストーカー男)に遭遇、家に上がりこまれる誠二君

浩介が双眼鏡をカーテンのところにセット。
「覗いてみろ」と言うのでしぶしぶ覗いてみると

2011y04m30d_145552312.jpg

2011y04m30d_182117421.jpg

着替え中でした。




浩介が「窓際で髪をとかしてる姿がとてもとても美しい」なんて横で言っている・・・
けれど、誠二にとってはそれどころではなく、目の前の光景に釘付けになってしまう。

2011y04m30d_182230500.jpg
誠二「脱いだ・・・」
浩介「何?何を脱いだって?パンツ?まさか着替え中!? それよこせそこどけ!」
誠二「さわんな!」
浩介「見せろ見せろ見せろ!」

双眼鏡をかけた男たちの戦いを経て、双眼鏡は結局浩介の手に。

浩介「ん、何も見えないぞ・・・おーいたいた!・・・なんで金属バット持ってるんだ?」



2011y04m30d_182412750.jpg
バットを手にしたリズちゃん登場、誠二君は壁を背にして震え上がる。

リズ「私のことこっそり見てたんでしょ、ヘンタイ!この覗き魔!」
誠二「浩介にやらされたんだって!」



「明日の文化祭、私の言うことなんでも聞くこと!」
2011y04m30d_145937093.jpg
覗きの代償がこれ。誠二君、伊達に主人公やってません。




その4 文化祭で生徒会の手伝いをすることになり、その途中和美先輩とおしゃべりする誠二君

2011y04m30d_150858687.jpg

和美「で、見たのかな?」
誠二「ナニをですか?」
和美「昨日、リズのこと覗き見した時」
誠二「な、なんの話ですか?」
和美「とぼけないの、昨日何があったかちゃんと知ってるんだから」
誠二「で、でもホント先輩の言ってること分かんないんスよ、え、僕が何を見たって? HAHAHA」
和美「昨日リズが着替えてるところをこっそり見てたって聞いたけど」
誠二「なんでもないんですって!下着も何も見てない・・・あ、えと、ほんとに何も見てませんっ!」






こんな感じで。
短い台詞をぽんぽん交わすので、楽しくテキストを読み進めることができました。
分からない単語があってもキャラの表情の変化を見ればどういう話をしているのかある程度は読み取れるので、そこまで英語が得意じゃない、という方にもお勧めできます。
英語に慣れるという意味では、英語の勉強教材としても役立つかもしれませんね。




最後にこれだけは言わせて下さい。
ツンデレヒロインのリズちゃんがたまらなく可愛い。です。
テンプレ通りだと言われたらそれまでですが、良いものは良いのですー。



たとえば、誠二がクラスの模擬店に来たからびっくり、というシーンですね。
誠二が「後で行くって言ったじゃん」というと

「う、うん、でもホントに来るって思ってなかったから・・・」
2011y04m30d_151129484.jpg
この顔は貴重。



「なんでもないったらなんでもないの!はい、注文は?」
2011y04m30d_151137296.jpg

照れを隠して注文をとろうとするところも可愛らしい。
この後すぐに「クッキー」「リズ」という選択肢が出たので当然のように「リズ」を選んだのですが(笑)、それに対する反応もツンデレ100%でなかなか面白かったです。
他の可愛いシーンはプレイした方だけのお楽しみということで!

お時間ある方、ぜひプレイしてみて下さい♪
Memo 公式サイト



英語版「藍より青し」
Ai Yori Aoshi - Interactive Visual Novel [PC Game]
Ai Yori Aoshi - Interactive Visual Novel [PC Game]
Hirameki International Group 2005-09-30
Sales Rank : 141945


See details at Amazon
by G-Tools





おまけ:プレイしてみたいという方向けに攻略のヒントを少し。

[1] 先輩から手伝いを頼まれた
・Sure(承諾)→先輩イベント発生⇒バッドエンド確定
・No thanks(断る)→下校イベント発生→[2]

[2] リズと別れた後、自宅前で妙なものを発見した
・Poke it(つつく)→覗きイベント発生→[3]
・Leave it alone(放置)→覗きイベント発生せず⇒バッド?エンド確定

[3] 文化祭当日、朝早くに目が覚めた
・Wake up(起きる)⇒グッドエンド確定
・Go back to sleep(二度寝する)→起こされイベント⇒[4]

[4] リズの持ち物が散らばっていた
・Help her pick up(拾うのを手伝う)⇒トゥルーエンド確定
・Ask about the ***(***について尋ねる)⇒グッドエンド確定


大切な分岐ポイントをざっと書くとこんな感じですかね。
これ以外にもやり方はあるかもしれませんが、全ED見るにはこれで十分だと思います。
バッドエンドの方は最後の選択肢によってバッドAになるかバッドBになるかが変わってくるので、選択肢のところでセーブすることをお勧めします。

トゥルー目指したい方はこれでどうぞー(*・ω・)ノ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
2048 * 2011/05/01(日) 16:15 | URL |   #9fN258Kw[ 編集]
このゲームの舞台は…日本?
アメリカ在住ならアメリカのどこかを舞台にしたゲームとかの方が気になるのに…

いやまぁ落としましたけどね
2049 * 2011/05/01(日) 17:32 | URL |   #-[ 編集]
どっかで見たような名前だと思ったら
かたわ少女のスタッフですね
2050 * 2011/05/01(日) 20:01 | URL | #-[ 編集]
声が入ってたらリスニングの勉強になったのになー
2051 * 2011/05/02(月) 08:08 | URL | javawaky #-[ 編集]
『ビバリーヒルズ高校白書』をコレで再現してほしい。
2053 * 2011/05/02(月) 20:28 | URL |   #SFo5/nok[ 編集]
絵だけ見るとまんま日本のゲームだね
2054 * 2011/05/02(月) 21:53 | URL | #-[ 編集]
やべえ、絵がすごい好み。
2055 * 2011/05/03(火) 07:59 | URL | #-[ 編集]
ちょっとやってみたい
2274 * 2011/05/21(土) 23:42 | URL | #-[ 編集]
こう言うの見ると、あれ、新堂エルってホントにアメリカ人?とか思っちゃうんだけど、どうなんだろうか。
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitra8.blog135.fc2.com/tb.php/209-710581c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。